■FC2カウンター

■プロフィール

Yamamoto

Author:Yamamoto
ようこそいらっしゃいました。
群馬の森の木で造った自然素材の家の建築日記とその後の日常を綴っています。
足跡ついでにコメントはお気軽にどうぞ!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

人気blogランキングへ

■最近のコメント
■最近の記事
■カテゴリー
■リンク
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本の材木 杉


よい本を見つけました。
「日本の材木 杉」(ゆのきようこ 文 阿部伸二 絵)
小学校での読み聞かせをするための児童書を探していたところ、偶然見つけたものです。



図書館の児童室にあったものですが、大人が読んでも面白いです。
古来からある日本の代表的な木である「杉」について、とてもわかり易く書いてあります。

例えば、年輪に対して直角に切った板が「柾目」。
年輪と平行に切った板が「板目」。
柾目は、濡れたり乾いたりしても幅があまり変わらず、水や空気を通しやすく、板目は濡れたり乾いたりすると幅が大きく変わり、年輪が邪魔をするので水や空気が通りにくい。
「おけ」や「たる」などに杉が使われるのは、そのような性質をうまく利用しているんですね。
しかも杉は加工しやすいので、昔から様々な道具として生まれ変わり、日本人の生活を支えてきたというわけです。

我が家も地元の杉材を使って家を建てるので、子供にも読んであげました。
「杉」と言うと、花粉のことばかりが取り上げられて何かマイナスイメージになっているようですが、もっと杉の材料としての価値を見直してあげたいですね。

スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

おすすめ書籍 | 13:03:22 | Trackback(3) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

児童書は4冊目へ・紀子さまが選ばれた絵本・出発進行!短縮言葉ゲーム・お勧めの児童書・通信翻訳講座 児童書翻訳・ 新刊・絵本や児童書・しょこたんが妖精に変身♪児童書「レインボーマジック」をPR・憂悶読書期~洋の書編~・ 英語も日本語も一緒だった・ いざ読 2007-07-23 Mon 20:04:08 | 児童書への思い
かいけつゾロリのなぞのおたから大さくせん
小1の娘がゾロリシリーズが好きで、前編に続きこちらも購入しました。お父さんが自分や家族を放って命をかけてまでもしていた仕事が明らかになって、少し感動する結末です。娘がゾロリ大好きなので購入。頼んだ次の日に到着したので大喜びでした。子供が、思い出したかのよ 2007-08-27 Mon 13:29:35 | 児童書を...
いのちのいろえんぴつ
詩を書くのが好きな娘がどうしても手元に欲しいと言うので買いました。とても心に響く本です。本当におすすめです。子ども達に命の大切さを、尊さを少しでも伝えることができます。孫娘に送ったのですが、この本はとても悲しくつらい本ですが、母親がとても感銘を受けじぶん 2007-09-10 Mon 19:29:18 | 児童書がいいと思う

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。