■FC2カウンター

■プロフィール

Yamamoto

Author:Yamamoto
ようこそいらっしゃいました。
群馬の森の木で造った自然素材の家の建築日記とその後の日常を綴っています。
足跡ついでにコメントはお気軽にどうぞ!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

人気blogランキングへ

■最近のコメント
■最近の記事
■カテゴリー
■リンク
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
上棟!
先日、無事に上棟式を迎えることができました。

梅雨空の中、天気が心配でしたが雨に降られることなく、曇り空で夏の暑い日ざしを完全にさえぎり、絶好の好条件で棟上げが進みました。

では当日の状況を写真で報告させて頂きます。

写真はサムネイルのため小さいので、クリックしてご覧下さい。




朝8時、現場に向かうと空高くクレーン車のアームが見えて来ました。
信号待ちをしながら、下で作業が開始されていると思うとワクワクしてきます。
職人さん達、朝早くからご苦労様ですね。

toryo.jpg
新品でしょうか。
棟梁の鮮やかなブルーの足袋と綺麗な作業衣は見てて気持ち良いです。意気込みが感じられます。

daikusan.jpg
地上では大工さんの一人が設計図を見ながら次に上げる柱を選んでいます。

daikusan2.jpg

shodasan.jpg
作業を注意深く見守る設計士の正田tomoさん。

「せーのっ、ポン!せーのっ、ポン!」
とお祭りの掛け声のように木槌を叩きながら呼吸を合わせて柱を組んでいく様子は見ていて飽きません。
カシラも若い職人さん達に檄を飛ばしながらも冗談を交え、順調に作業が進んでいきます。
zenkei.jpg

モリスマの散歩人さんにも来ていただき、工法や木について色々と教えていただきました。

lunch.jpg
お疲れ様です。皆でランチタイムです。

mune.jpg
棟木が吊り上げられていきます。

shokuninsan.jpg joto.jpg
ついに上棟となりました。
棟梁やカシラ、若い職人さんもホッとして嬉しそうな表情です。

最後に全員で記念撮影をしました。
皆さん笑顔でとてもいい顔でした。

私たちにとっても家づくりの第一歩として大変なイベントでしたが、とても記念すべき一日となりました。

関わって下さったすべての人たちに感謝の意を表したいと思います。

皆さん、ありがとうございます!


banner_02.gif にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
クリックありがとうございます!




スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

家を建てる | 07:07:39 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
無事に上棟式を迎えることが出来、とても嬉しい1日でした。
沢山の方々にお世話になり本当に有難うございました。
現場に入ると木のいい香りがします。
これから毎日の進行が楽しみですv-411
2007-06-28 木 20:41:31 | URL | Y邸妻 [編集]
忙しい日々が続いたのですね
お疲れ様です。昨日うかがい現場を見させてもらいました。私の知識は、モリスマ・ネットワークに入って得たもので、日が浅く土台がありません。でも木や野草が好きで、山が好きで、人が好きで、何か自分に出来ることはないかと考えて、会員になりました。Yさんも自然大好き派ですから、Yさんの知識の方が上回る部分もおおいとおもいます。これからも情報交換をしながら納得して前に進んでいきましょう。昨日正田さんの事務所に伺い、モリスマの設計士の皆さんの建築に対する考え方を話しました。それぞれ個性がありすばらしいです、Yさんもご承知の通り。基本は地本の山の木をつかい、生産者とユーザーの顔の見える関係であること。大切な山の木を伝統的工法で、大工さんと組んで建築する。そこに建築家の個性が出てきます。安全性耐久性は、構造上、各自研究し、悩み、結論を引き出してくるようなので、ユーザーである私こと散歩人は、興味深く拝見しています。今回も、Y邸を見て茂林寺の家や邑楽の家も小さな家もそうですが、この家の建築を進めることで、大工さんの本来の技術が生かされる「技術の伝承」、そして、厳しい林業の維持にもつながるとおもいます。分かってくれる人がもっと増えると良いな。
2007-06-29 金 10:06:37 | URL | 散歩人 [編集]
散歩人さん、コメントありがとうございます。
そうですね、昨年の森での伐採体験に始まり、その時の大きな杉の木が今、我が家の重要な構造材になっているというのは本当に素晴らしいものだと感じています。
子供も一緒に体験し、実感したことは生涯忘れられないものとなるでしょう。
きっと、この家も将来長きに渡って大切にされるものと信じています。
家は、消耗品ではなく家族が愛着をもって育てていくものだと思います。
そんな家にしたいですe-112
2007-06-29 金 12:42:04 | URL | 泰然 [編集]
Y邸皆様

 上棟おめでとうございます。お祝いに駆けつけられなくてごめんなさい。建築の一番迫力ある場面に立ち会えなくて本当に残念でした。

今日は私の好物を送っていただいてありがとうございます。
夫と楽しみながら頂戴します。

これから毎日の変化が楽しみですね。二度と出会えない瞬間の連続です。心して家の変化を見つめてください。

いつか、うちの木がどのように活かされているのか見学に伺います。
楽しみです。
2007-06-29 金 21:40:08 | URL | 森の拠点から [編集]
森の拠点さま、先日はありがとうございました!
また、いつでもおいで下さい。
梅田にもまた出かけて行きたいですv-410
2007-06-30 土 13:03:57 | URL | 泰然 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。