■FC2カウンター

■プロフィール

Yamamoto

Author:Yamamoto
ようこそいらっしゃいました。
群馬の森の木で造った自然素材の家の建築日記とその後の日常を綴っています。
足跡ついでにコメントはお気軽にどうぞ!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

人気blogランキングへ

■最近のコメント
■最近の記事
■カテゴリー
■リンク
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ストーブで瞑想?
20080411174259

昨夜は久しぶりに寒かったので薪ストーブに火を入れました。
一日中雨だったりすると、夜はまだ寒いですね。
室温が17度位だとストーブを付けたくなります。

ヤカンが載せられる小さな石油ストーブがメインで、寒い時は薪ストーブにも点火、というのがここのところ多いです。
昨夜は夜中に一人、ストーブの炎を眺めながらぼ~っとしてしまいました。

火を見つめている時は無心になれるのがいい。
現代人は脳を使う頻度が多いので精神が疲労しやすいと言われています。
体を動かして疲労した時は、体の疲れがわかるので休めばいいですが、精神疲労はわかりにくいので無理をしてしまいがち。

脳の疲れを取るには、思考のスイッチをオフにしなければならないですね。
これには無心になるしかない。
好きなことに集中するのも良いし、瞑想もいいです。
しかし火を見つめていると自然に無心になれるんですね。

でももうすぐストーブの季節も終わりです。
穏やかな休日には、窓をすべて開け放ち、爽やかな春の風を呼び込みたい。
スポンサーサイト


テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

薪ストーブ | 17:43:01 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
ストーブの中で燃えているもの
写真のストーブ中で燃えているパンみたいのは、実は新聞紙です。
ペーパーログと言って、古新聞を薪に変えることができる優れもの機械があり、今年の冬に手に入れて10個位作ってみました。
本物の薪よりは早く燃えてしまうのですが、ちょっと補助エネルギーにはなるんじゃないかなと思います。
いらなくなった古新聞の再利用ということで、エコグッズの一つじゃないかと思います。
2008-04-14 月 20:15:12 | URL | 山元 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。