■FC2カウンター

■プロフィール

Yamamoto

Author:Yamamoto
ようこそいらっしゃいました。
群馬の森の木で造った自然素材の家の建築日記とその後の日常を綴っています。
足跡ついでにコメントはお気軽にどうぞ!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

人気blogランキングへ

■最近のコメント
■最近の記事
■カテゴリー
■リンク
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
古民家巡り
武家屋敷

最近ちょっとした移動には自転車を利用してます。
家族で電気屋さんへの買い物くらいならマイカーではなく、それぞれがマイバイク。
いつも通る道でも、自転車だと違う風景に見えます。

買い物帰りにアイスクリームでも食べようかと普段行ったことがないお店に立ち寄る。
それから同じ道ではつまらいのでわき道にそれてペダルをこぐと、あれれ?
こんな建物があったっけ?


門をくぐるとタイムスリップ。
館林も城下町だった頃に建てられたという武家屋敷が保存されていました。
ここは鷹匠町と言われていた場所なので、昔は鷹匠が住んでいたのでしょうね。

では建物の中に入ってみましょう。

玄関

この玄関は通常家人が利用する玄関ではなくお客様が来た時に通すところです。
籠に乗ったお客様をここに降ろすようになっています。
左隣にある普通の玄関と違って豪華な感じがします。
当時、このような間口が広くて奥行きがあまりない屋敷は中流のお侍さんの屋敷の特徴だそうです。
開放的でお客様歓迎!って感じです。
そういえばうちも間口が広くて奥行きが無い。
意外にも嬉しい共通点(笑)

かまど

通常の玄関の正面奥には台所があります。
管理の方にお茶を出して頂いて、座敷でゆっくりとくつろいでしまいました。

濡れ縁がいくつもあり、風通しも良くて思わず「こんな家も良かったよね~」などと縁側に腰掛けてまったりと。
日本家屋の魅力がわかるようになってきたというのも年のせいかな(笑)
うちは畳や縁側がないので羨ましいなあ。

鷹匠館

しかしこの本物の真壁造り。現代の住まいとしては厳しいですよね。
壁が薄くなるので断熱材をあまり入れられないようなので、夏はエアコンなしでも過ごせそうですが、冬はメチャ寒いでしょう

ちなみにこの建物は、平成11年まで住居として住まわれていたようです。
やっぱり古民家はいいなあ。




スポンサーサイト

テーマ:お散歩・お出かけ - ジャンル:ライフ

古民家 | 12:53:48 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
i-224は、いいですよー!
私も、ガソリンの値段が上がっても、ケチじゃなくエコで体脂肪を燃やすべく軽快に走っています。今日なんか最高に上天気まるで、北海道にいるようなe-266
ところで、ポスター発表用のパワーポイントは出来ましたか?
2008-05-21 水 21:35:17 | URL | みっちぃ [編集]
みっちいさん、こんにちはv-411
そうそう、エコって楽しめるものですよねe-215
まだ暑くない今の季節、サイクリングは最高です。
ポスターセッションの資料はいまだ作成中ですv-356
2008-05-22 木 11:46:58 | URL | 山元 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。